本文へ

概要

組合の概要

組合の沿革

 当広域圏は広域市町村圏振興整備措置要綱に基づき昭和44年7月に圏域の指定を受け、同年10月福井坂井地区広域市町村圏協議会として発足し、昭和45年4月一部事務組合に移行しました。昭和48年に清掃センター破砕施設、翌49年に焼却施設が完成しました。
 旧清掃センターの老朽化に伴い、平成7年10月には現在の清掃センターが稼動しました。翌8年9月には清掃センターのごみの焼却に伴う余熱を利用した YONETSU-KANささおか が完成し、同年10月から営業を開始しました。平成11年4月には新しい最終処分場が完成しました。

 なお、YONETSU-KANささおかについては、平成21年12月より指定管理者制度を導入し運営しています。

 電子計算組織の共同利用については、昭和50年に電子計算機を導入し標準業務の仮名バッチシステムの運用を開始。昭和60年には住民情報漢字オンラインシステムが稼動し、平成14年11月に分散システムが本稼動しました。平成21年11月からは福井市が一部業務を残して単独利用システムに移行したことにより、平成22年8月に総合行政情報システム最適化基本計画を策定。平成23年11月からは残る3団体が利用する総合行政情報システムが本稼動しています。福井市については、平成24年3月をもって電子計算組織の共同利用から離脱しました。
  

 

 

広域圏のあゆみ

昭和44年

10月

福井坂井地区広域市町村圏協議会発足

45年

3月

福井坂井地区広域市町村圏計画策定

45年

4月

福井坂井地区広域市町村圏事務組合発足

46年

5月

隔離病舎完成

48年

8月

ごみ処理施設(破砕施設)完成

49年

7月

ごみ処理施設(一般ごみ焼却施設)完成

50年

9月

電子計算機導入

50年

10月

第5回北信越ブロック広域行政機構事務局長会議開催

51年

4月

電子計算機本稼動開始

51年

12月

ごみ処理施設電気集塵装置設置

52年

4月

清掃センターばい煙観測局設置

52年

10月

当組合が自治大臣表彰を受ける

54年

3月

地方定住構想推進調査研究報告書作成

55年

10月

電算共同処理業務が地方自治情報センターより優良団体表彰

を受ける

56年

3月

第2次福井坂井地区広域市町村圏計画策定

57年

1月

清掃センター破砕施設アルミ選別機設置

58年

4月

住民情報漢字システム稼動開始

60年

3月

第2次福井坂井地区広域市町村圏計画改訂

60年

4月

住民情報漢字オンラインシステム稼動開始

60年

9月

事務局をフェニックス・プラザに移転

60年

11月

第1回福井坂井地区ごみ問題シンポジウム開催

60年

12月

地域経済活性化対策事業の推進地域に選定

61年

11月

第2回福井坂井地区ごみ問題シンポジウム開催

62年

2月

全国広域市町村圏事務局長会議開催

62年

12月

第3回福井坂井地区ごみ問題シンポジウム開催

平成 元年

2年

9月

3月

第4回福井坂井地区ごみ問題シンポジウム開催

新地域経済活性化対策事業の推進地域に選定

3年

3月

第3次福井坂井地区広域市町村圏計画策定

平成4年

7月

清掃センター建設用地造成工事着工

4年

12月

清掃センター建設着工

5年

9月

ふるさと市町村圏に選定

6年

12月

YONETSU-KANささおか造成工事着工

7年

7月

YONETSU-KANささおか建設工事着工

7年

7月

地域経済基盤強化対策事業の推進地域に選定

7年

10月

清掃センター完成

8年

9月

YONETSU-KANささおか完成

9年

7月

最終処分場建設工事着工

10年

7月

新地域経済基盤強化対策事業の推進地域に選定

11年

4月

隔離病舎を福井県立病院へ譲渡

11年

4月

最終処分場完成

12年

5月

広域観光事務の取組開始

13年

3月

第4次福井坂井地区広域市町村圏計画策定

13年

4月

分散システム事業者選定(プロポーザル方式)

13年

4月

電子計算業務アウトソーシング導入

14年

3月

広域圏ホームページ「あそびーのフクイ」開設

14年

6月

分散システム 一部稼動

14年

10月

市町村合併に伴う幹事会設置

14年

11月

分散システム 本稼動

16年

3月

芦原町と金津町の合併に伴う「あわら市」の誕生により、

構成市町村数が2市8町2村に

17年

10月

第35回北信越ブロック広域行政機構事務局長会議開催

18年

2月

福井市、美山町、越廼村及び清水町の合併に伴う「福井市」の誕生、

松岡町、永平寺町及び上志比村の合併に伴う「永平寺町」の誕生により、構成市町数が2市5町に

18年

 

19年

3月

 

3月

三国町、丸岡町、春江町、坂井町の合併に伴う「坂井市」の誕生

により、構成市町数が3市1町に

YONETSU-KANささおか入館者数100万人を突破

19年

 

19年

4月

 

5月

地方自治法の改正に伴う組織改変と組合議員定数の削減

 

全国ふるさと市町村圏協議会北信越支部総会開催

19年

9月

特定地域経済活性化対策事業の推進地域に選定

21年

 

4月

 

福井市、あわら市、坂井市及び永平寺町による「福井坂井広域観光圏」

の認定

21年

11月

福井市が単独利用システムに移行(一部の共同利用を継続)

21年

11月

電子計算業務包括アウトソーシング導入

21年

12月

YONETSU-KANささおか指定管理者制度導入

22年

2月

総合行政情報システム最適化基本計画策定

22年

 

7月

 

福井坂井広域観光圏に大野市及び勝山市を加え「福井坂井奥越広域観光圏」に拡大認定

22年

8月

総合行政情報システム事業者選定(プロポーザル方式)

22年

10月

地域力創造対策事業の推進地域に選定

23年

4月

第5次福井坂井地区広域市町村圏計画策定

23年

10月

総合行政情報システム一部稼働(グループウェア)

23年

11月

総合行政情報システム本稼働

24年

9月

事務局を清掃センター(あわら市笹岡)に移転

25年

7月

共同処理事務の見直しに伴い、組合議員定数の削減

26年

7月

清掃センター基幹的設備改良工事着工

28年

4月

第6次福井坂井地区広域市町村圏計画策定

29年

3月

清掃センター基幹的設備改良工事完成                   

29年

3月

福井坂井奥越広域観光事業休止

29年

4月

清掃センター長期包括運営委託業務導入

 

関連ファイル

平成30年度 広域圏の概要(HP)

概要